ゼロから学ぶホリスティックママになるための学校

ゼロから学ぶホリスティックママになるための学校

holicolumnほりままコラム

2018-07-20ほりままコラム

子どもが嘔吐や下痢などの食中毒になった!どうすればいい?

子どもが嘔吐や下痢などの食中毒になった!どうすればいい?
Pocket

今年は例年と比べて少し早い梅雨明けとなりました。梅雨が明ければいよいよ子どもたちが待ちに待った夏の到来です。レジャーや旅行など計画を練るだけでも楽しいものです。

 

ところでこの梅雨から夏の時期、しばしば食中毒の発生ニュースを耳にするかと思います。せっかくの楽しい予定も食中毒にあっては台無しです。

 

そこで、今回は食中毒についてお伝えしたいと思います。

 

食中毒とは

食中毒

食中毒とは、食中毒を起こすもととなる細菌やウイルス、有毒な物質がついた食べ物を食べることによって、下痢、腹痛、嘔吐などの症状が出る病気のことです。
原因となる細菌やウイルス、毒素によって、症状や食べてから発症するまでの時間は様々です。

6月から9月は気温が高くて細菌が育ちやすいため、細菌による食中毒が多く発生します。
一方でウイルスによる食中毒は冬に発生しやすく、また、ある種のキノコや魚のフグのような有毒な物質を含んだものを誤って食べることによっても食中毒になることがあるため、実は食中毒は一年を通して発生しています。

 

 

子どもで気をつけたい食中毒の原因菌と予防方法

今の時期、食中毒を引き起こす細菌は何種類もあります。その中でも特に子どもで気をつけてあげたいものをいくつか挙げてみます。

 

◆ サルモネラ菌
原因食品:加熱不十分な卵、肉、魚など
例:生卵、オムレツ、牛肉のたたき、レバ刺し
主な症状:吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱
発症までの期間:8~48時間
予防方法:生卵は新鮮なうちに食べる
肉類は中心部を75℃以上で1分間以上加熱する
※子どもではまれに意識障害や痙攣、菌血症など重症化することがあるので要注意

 

◆ 腸炎ビブリオ菌
原因食品:生の魚介類
例:刺身、お寿司
主な症状:腹痛、激しい下痢、発熱
発症までの期間:4~96時間
予防方法:魚介類を調理する際は必ず真水でよく洗い、十分な加熱を行う。
生魚(刺身)は新鮮なうちに食べきる
※腸炎ビブリオ菌は塩分のあるところで増える菌なので、洗うときは必ず真水で

 

 

◆ カンピロバクター
原因食品:加熱不十分な肉類(特に鶏肉)、飲料水、生野菜
例:加熱不十分な焼き鳥、十分に洗っていない野菜、井戸水
発症までの期間: 2~7日 (発症までの期間が長めです)
主な症状:下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔気、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感
予防方法:中心部までしっかりと加熱する(おおよそ75℃以上で1分以上)
※低温に強いので冷蔵庫に保管していても油断しないこと

 

 

子どもが食中毒になった時の対処法

1 適切な水分補給
嘔吐や下痢が続くと脱水になりやすいので、適切な水分補給が大切です。
しかし、嘔吐した直後は胃を休ませるために30分~1時間程度は飲食物を与えない方が良いでしょう。

状態が安定しているようなら、経口補水液などを少量(スプーン小さじ1杯 程度)与えてみてください。
冷たいと内臓の働きが悪くなるので、常温がよいでしょう。
だいたい体重10キロの子どもなら500ccのペットボトルを4時間位のペースで飲むようにします。

 

 

2 食事摂取
水分を摂取しても嘔吐しなくなり、食欲も出てくるようであれば、柔らかい物から少しずつ食事を摂らせて下さい。
おかゆ、野菜を小さく刻んだスープ、お味噌汁などが良いでしょう。

肉類や食物繊維の多い食品は消化に悪いため控えて下さい。
また、乳製品や糖質の高いジュースもしばらく控えることが好ましいです。

 

 

3 安易な服薬は避ける
薬をむやみに使用しないこと。 嘔吐も下痢も、基本的には体内から悪いものを出そうとする働きです。
水分、栄養が補給できていれば薬は不要です。

ですが、水分も食事も摂取できない場合にはすみやかに医療機関を受診してください。腸管出血性大腸菌(O157、O111)などで、非常に重い症状で、生命に危険が及ぶこともあります。

 

 

子どもの嘔吐や下痢などにおすすめのレメディー

ほりまま学校ホメオパシー

ドイツ人医師によって確立された、“自己治癒力を高めることを目的とした自然療法”がホメオパシーです。
ホメオパシーではレメディーという薬(西洋医学で言う薬品とはまったく異なります)を用います。

ホメオパシーに基づいた適切なレメディーの使用は心と体の両者に働きかけることで病気に強い心身を育むと考えられています。これは老若男女と問わず安心して使用でき、お子さんにもオススメです。

嘔吐や下痢などのレメディーと言えば Ars.(アーセニカム)です。
・飲食後の吐き気、 むかつき
・嘔吐や下痢など胃腸炎のような症状
・胃の痛み
このような症状に効果があるのはもちろん、自己治癒力の向上により病気になりにくい、なっても重症になりづらい心身を育む助けとなります。

 

ホメオパシーだけでなく、子どもの病気や食事、お洗濯の方法などを学べる「ほりまま学校」を東京・新宿に開校させていただきました!

 

ホメオパシーって何だろう?
ちょっと難しそう…だけどおもしろそう!

少しでもそう感じた方、「ほりまま学校」に来てみませんか?
悩みを抱える新米ママや、子どものためを思って勉強熱心なママ、西洋医学だけでの治療に行き詰まったママ、ぜひ一度お越しになってみて下さい。

現役医師、薬剤師、助産師などの医療のプロフェッショナルや、アロマ、ホメオパシーなどの自然療法家などを講師に迎え、その道のプロから本やインターネットだけでは学ぶことが難しいちょっとした、でもとても大切なポイントやコツを直接学ぶことができます。

 

まずは校長の素敵な自宅で開催される「学校説明会」に無料で参加しませんか?

学校説明会のスケジュール

 

「学校説明会」に行く時間がないけど、興味がある!という方は料メルマガにご登録を。