ゼロから学ぶホリスティックママになるための学校

ゼロから学ぶホリスティックママになるための学校

2018-02-26

【ほりまま】Vol.209 アロマで辛い花粉症ケア2

Pocket

こんばんは!

「精油が必ず好きになる!」
広島県アロマトレーナの曽利 顕子(そり あきこ)です!

私が住んでいる広島県北部地方では、
まだまだ寒く、先日はマイナス9℃まで下がり
お風呂場の窓も凍結で開きませんでした。
春が待ち遠しいですが、北部地方は春になるとスギ花粉が凄く
肉眼でも花粉が舞っているのが見えます。
ですから、アロマテラピーでの花粉症ケアのお問合せも多くなってきます。

今月のテーマは「花粉症」
前回の記事の続きです。
前回は花粉症をテーマに精油をブレンドしておくと
何かと便利ですよとお伝えしました。
下記のが前回提案したブレンドです。

ラヴィンツァラ・・・・・・・・50滴
ティートゥリー・・・・・・・・30滴
マンダリン・・・・・・・・・・20滴
(プラナロム社のマンダリンは、光毒性が確認されていませんので
日中使用可です)

このブレンドを作成しておけば、色々と使用出来ます。

[花粉症緩和スプレー] 精製水・・・・・・・・・・・・25ml
無水エタノール・・・・・・・・5ml
ブレンド精油・・・・・・・・・・6〜18滴まで
(香りはご自身で調整してください。)

マスクの口の当たらない表側にスプレー
マスクをしていなくてもスカーフなどにもスプレーすると
香りがあがってきて、気持ち良いですよ。

[花粉症緩和ジェルorオイル] ジェルorホホバオイル・・・・・20g
(ジェルかオイル、質感の好きな方で。ジェル器材はKENSOジェルナチュレがお勧めです)
ブレンド精油・・・・・・・・・・6滴

使用方法は、小鼻に塗布すると、鼻の通りがよくなります。
喉や胸にも塗布してみてくださいね。
呼吸が楽になります。
塗布する際には、必ずパッチテストを行ってください。

この花粉症緩和ジェルorオイルは万能で花粉症の他
免疫アップにも使用出来ますし
口内炎などにも塗布すると良いです。

そして、
ラヴィンツァラには誘眠作用
ティートゥリーには副交感神経強壮作用
マンダリンには抗不安作用
があるため、不眠にも期待出来ます。
お休みになる30分前に、胸や手首などに塗布してみてください。
呼吸も楽になりますし、よく眠れると思います。

他には、このブレンド精油をデュフューザーに入れてみたり
バスオイルや蜂蜜などに希釈して、お風呂に入れてみたりと
色々なシーンに使用出来ます。

辛い花粉症がアロマテラピーで少しでも緩和しますように。

記事担当:
アロマトレーナー/アロマセラピストトレーナー
曽利 顕子(そり あきこ)
HP: http://lalamarjoram.com

免責事項:
このメルマガを参考に精油を使用したことに
よって生じた一切の疾病・負傷・その他の
身体反応については責任を負いかねます。
正しい知識を持ち、自己責任のもと
アロマテラピーをご利用ください。
健康状態に気になることがある方、
医療機関で治療中の方は医師や専門家に
ご相談ください。